BALI

天王寺区谷町九丁目タイ式マッサージ・ヒップデトックス「BALI」

営業時間:12:00〜22:00(受付:11:30〜)

電話番号:06-6773-3072

定休日:なし

過去のコラム

コーヒーが原因!むくみとカフェインの関係

皆様、コーヒーはお好きでしょうか?
仕事の合間の一服で飲んだり、朝起きて目を覚ますためにコーヒーを飲んだりする方も多いかと思います。
今はコンビ二で挽きたてのコーヒーをお手軽な金額で買えたりしますし、昔に比べて飲む機会も増えてきましたよね。

でも皆様、コーヒーの飲みすぎには注意しなくてはなりません。
カフェインの取りすぎは良くないといいますが、その中の一つに

『むくみの原因にコーヒーが関係している』という事はご存知でしょうか?
 コーヒーが原因!むくみとカフェインの関係
普段何気なく飲んでいるコーヒーにむくみの作用があるなんて、女性の方は特にショックかと思います。

そんなむくみを作ってしまう作用は
コーヒーに含まれる「カフェイン」が大きく影響しているのです!

カフェインの作用

(1)利尿作用
利尿作用とはトイレが近くなる、つまり尿の量が増えることです。
カフェインの利尿作用で、尿の量が増え脱水状態になると、身体は体内の水分を逃さないようにし、水分を細胞内にため込みむくみを起こしてしまます。
ですので、大量のコーヒーを飲むことはむくみをさらに悪化させます。

(2)カリウムを破壊
むくみ解消に効果的なのが、水分の排出を促してくれる『カリウム』を豊富に含む食べ物。しかしコーヒーは、そんなカリウムの働きを抑制してしまうと言われています


カフェインにむくみの原因が含まれている事がわかりましたが、
気をつけないといけないのはカフェインの摂取量です!

カフェインの危険な摂取量

カップ一杯(150ml)のコーヒーに含まれるカフェイン量は60ミリグラム前後。
1日で摂取できるカフェインの許容量は、400ミリグラムと言われています。

許容量を大幅に超えてしまうと、冷や汗や動悸や体のしびれ、吐き気、過呼吸、恐怖感などを引き起こし、中毒症も起こすことがあります。
コーヒーは一度にたくさん飲む事を控え、時間を置いて飲むようにしましょう。

一般的に「体重60kgの成人が3時間以内に1000ミリグラムのカフェインを摂取する」とほぼ確実に中毒症状になると言われています。
カフェインの過剰摂取は死に至る場合もあり、リスクを把握して付き合うべき成分と言えます。

むくみへの対策

それでも、やっぱりコーヒーは美味しいもの。
むくみ対策に何が良いかというと…それは水です。

喉が渇いたり、コーヒーを飲みすぎてしまったと思ったら、お水を摂取しましょう。
「水分をこまめ摂る」はむくみケアの王道的手法です!

コーヒーが好きな方で、むくみが気になるという方…
一日2杯までにする、水をそのぶん飲む、などカフェイン対策をとって、むくみの改善に取り組んでみてはいかがでしょうか?
健康コラムでは、コーヒーの代わりに「ハーブティ」もおすすめしていますよ。

BALIの最新情報をお届け!


おすすめBALIコース

コーヒーが原因!むくみとカフェインの関係 ◆ヒップデトックス◆
BALIイチオシ♪下半身を中心にリンパをしっかりと手技で流すことで、むくみを改善へ促します。お待ちいただく時間はお茶を是非どうぞ♪ >> ヒップデトックスコースの詳細を見る

ご新規様限定
女性限定キャンペーン
リピーターキャンペーン
ハッピーバースデー30%OFFキャンペーン
ヒップデトックスお得な5回チケット

紹介動画

ヒップデトックス 施術紹介